>

葬儀屋選びからオーガナイズまであなたの家族葬を全面サポート

家族葬の問題

家族葬は親しい人々の間で行われますから、ゆっくりお別れができます。

その反面デリケートなことも多くあります。まず訃報を知らせる人々を決めることです。たとえ故人が自分の父親でも、故人の人間関係をそんなにきちんとは把握していないものです。そうなると、知らせる人を決めるのがなかなかデリケートな問題となります。故人の手紙や年賀状などとみて判断するより仕方がありません。あるいは故人の親しくしていた人の意見を聞くということです。

家族葬を行った場合には、亡くなったことを知らせなかった人々に挨拶状を出して事情を説明しておいた方が、後々の批判や苦情を避けられます。挨拶状には家族葬にした事情を説明しておくとよいですね。

家族葬の礼儀

親しい人々の間だけでゆっくりと故人とお別れができるのが家族葬です。しかしそこには、社会の礼儀やマナーも関係してきます。家族葬に参列してもらう人々をどのように決めるかということです。

直系の家族、故人の子供の家族、故人の配偶者の家族、故人の兄弟などは参列者に入れておくべきです。特に家族葬はこうであるという規則はありませんから、故人と特に親しかった友人などに参列していただくのは、故人も喜ぶことでしょう。

家族葬は少人数ですが、それでも、葬儀屋さん等との連絡係として喪主を決めておいた方が良いですね。故人が会社に勤めていた場合には、会社の故人の上司か総務の担当者には、家族葬で行うということを伝えておくべきです。


この記事をシェアする