>

あなたの家族葬を手助けする総合情報サイト

家族葬を選んだ時の葬儀屋さんとの相談

家族葬にお招きしない人

家族葬にすることに決めた場合にはお招きしない人には、原則として家族葬の日程などの連絡は事前に入れません。家族葬が終わってから、事情を説明してご報告します。事情といっても正直に事情を説明すると角が立つ場合もありますから、故人や遺族の意思で家族葬に決まりましたというような理由が一番安全といえます。

家族葬の場合は親しい限られた人だけなのですが、それでもある程度かしこまった衣服にするのが望ましいですね。男性でしたらモーニングコートではなくとも、ダークスーツ系のものにします。特に衣装にこだわる必要はありませんが、親族者の間では服装をそろえたほうが好ましいですね。

故人と親しかったために家族葬が行われるということを耳にすることもあります。そんな時でも遺族からの招きがないときには、連絡を控えるようにします。

家族葬に招かれた場合

家族葬に招かれた場合には、遺族の意をくんで参列するようにします。衣装も特に指定がない場合には準礼装くらいにします。男性でしたらブラックスーツやダークスーツです。職場から直接参列する場合には、靴下やネクタイを黒っぽいものに変えてゆくとよいでしょう。女性の場合には、地味な色のスーツやワンピースが良いですね。

家族葬の場合には香典をお断りすることが多いので、その場合には参列者はご遺族の意思を尊重するようにして香典を持参しません。家族葬に招かれたのだが、香典については何も言及されていない場合ですが、この場合も香典を受け取られないことが一般的です。心配な場合には、香典を用意してゆけばよいでしょう。とにかくご遺族の意思に合わせることですね。


この記事をシェアする